スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気づいたら考察になっていた



ちょうど4ヶ月前のマルコフ
一番無防備な状態を無敵といって憚らない君が大好きだ





目立つところに挙げておくにしては、自分の絵柄は万人受けでしないので
早々に下へ追いやってしまいましょう
新しい記事だッッ!




最近の出来事ということでメトス行きと暴君イカダの話を書く予定でしたが
予期せぬハイパーマルロタイム
(効果:マルコフの血圧が上がって幻想入りする)
に見舞われ後日に引き延ばされました
つまり今回は懐かしい人たちのお話




先日最後に書いたとおりです
やってきましたラビ上級
ここ最近はトンとご無沙汰しておりまして数ヶ月ぶりですね
基本シェルテル君達とエリンを放浪している身ですから、
誰かにお呼ばれしない限りは、人数のいるダンジョンには縁がない

おそらくギルドに入るとこういうダンジョンに行く機会も多いのでしょう
ギルドという一つの団体に属する
それはどういうことなのか
いくらマルコフが「必要ない」と言ったところで、実際に体験しなければただの言いがかり
ただ一度入れば抜け出せないのも事実
「体験入隊あります」で人がそう簡単に抜けられると思ってはいけません
あれはつまり蟻地獄魚キラー(ドウ)のようなもので、
人間が基本的に時間の流れには逆らえないことを利用して入団という最奥部へ誘導しつつ、
優しさや人間関係を返しにして外に出ることは既にかなわぬ、というわけです
だからAIONで疑似体験してみました。つい最近
が、あれは向いてない
向いてなかった
マルコフは団体行動ができないようです

話が過ぎると読んでくださる方に怒られてしまうし
今度別項にギルド考まとめてみようかなあ




「どれぐらい成長したか見せてもらおう」とか言い出す魔術師
やめてー!緊張するからやめてー!
うう、成長してなかったらどうなるんですか
まさか焼き土下座か!
気分を落ち着けるためにヘタリア見てくる
しかし自分、戦い方がスマッシュ一辺倒になっていますね
なんというか、こう、マンネリは美しくない
気をつけたいと思いますって




うぉおおぉお!
ああ!Lnoaさんが死んだ!
今日の茉璃さんはゴーレムで戦うみたいです
何このデストロイ颱風
「タイフーン」で「颱風」って出るってはじめて知ったぞ

「ゴーレム絶対本人より強い」、というのは茉璃さんの弁ですけれど
確かに錬金術はそういうところありますね
使いどころが難しいけれど強力
そしてシリンダーが必須
シリンダー必須じゃなければなあ、考えるのだけど

魔法が貧弱なジャイアントが代替武器として使うイメージもありますね
たださっき書いたとおりシリンダーの入れ替えをいちいちするわけにもいきませんし
実際はどうなんでしょう

ジャイアントで錬金術高ランクといえば
超有名ブログDream Knight'sリーベントさんがウォーターキャノンを習得していて
なおかつ物凄く高ランクとブログにあったような
人間なら身近なところで、確か麗那さんが上げてるんじゃありませんでしたっけ……




Lnoaさんは相変わらず歩く火柱でした
自分の中ではフルチャージFB=Lnoaさんの図式

誰でも見る可能性がある場所で、あまり人のイメージを固定しすぎるのもどうかと思って。
一応確認してみたんです
でもやっぱり、今まで撮ってきた写真に目を通すと多いのはファイアボルト
グラ二刀で戦っているときもありますけど、雑談中のただのアタックだったり
スマッシュしていても持ってる武器がマンドリンだったり
アイスボルトを撃っている画像は対人戦をしていらっしゃるときぐらいしかないですね




加えてFBは目立つのです
当たれば相手は吹き飛びますし
撃ち続けると上の写真のように火球でできたドームに包まれることがあります
中級魔法は派手だけど、撃つ機会はボルト系に遠く及ばない
眼に入る情報量がどうしても多くなって、他のスキルよりも目に残りやすいんです
ちなみにこの写真は西暦で言うと2007年の6月末のバオルダンジョン
当時からLnoaさんのフェイバリットスキルだったみたい




恐るべきゴーレムの猛攻
2階3階は基本的に茉璃さんに任せておけばOKでした
「じゃあ私はせっかくだから青を選ぶぜ!」と草を抜きに行かれたときだけ戦うかんじ
出る幕はありません
じゃあそれ以外のときは何をしてたかって、運命を受け入れて爆発に巻き込まれてました
爆破耐性付けててよかった……!
これで耐性を付けていなかったらナオのこめかみに青筋が浮かんでいたところです




地雷処理に定評のあるフォレストゴーレム
見ろ、スケルトンが木っ端のようだ
ウインドミルさえしなければゴーレムは爆発物処理に最適ですね
一部屋全部のスケルトンスクウィッドを爆破させてなお草臥れないそのライフ
むかーし書いたと思うのですけど、エリンのゴーレムはタルバタスを原型に作られています
タルバタスというのはポウォールに伝わっている機密を守る番人で、
番人らしく硬く強く引かない奴だったみたいですよ
あと、体に大量の金が流れています
でもなんで金を使うんでしたっけ?
あれー……
あー……あー、なんか習った気がする!習った気がするんです!
……思い出せない
くそうなんだかすごく引っかかる
この金が何の目的で使われていたのかを思い出せなくて、
しかしブログの記事は完成させないといけない
ううぬこのまま先に進んでもいいものかそうした方がいいんだろうなあ、うーん
また次回に回しましょう、というわけで




マルコフは図書館へ走った

……
いや、だって……ねえ?気になるじゃあないですか

金というのはポウォールにとって、金品としての価値以上に特別な意味がこめられていて
例えばグラスギブネンの主食であったり錬金術の要であったり
タバルタスの構成物質だったりします
そう、タバルタスの、あの脈打つような金の筋は人間で言えば血管のようなものだったのです
結局あれが流動しているのか固体なのかはわかりませんでしたが……

ポウォールの大規模な秘術には必ずといっていいほど金が関わっていて
同時にそのほとんどが魂、あるいは何らかのクリーチャーを創造することに関連があります
何かを動かす、あるいは発動する儀式に用いられていますから、
はじめは何かしらの増幅装置やエネルギーに使われるのかと思っていました
グラスギブネンの主食ですしね
食事はエネルギー

しかしどうもそうではないようで、
実際、故・エスラスがタバルタスを建造したとき、そのままでは動きませんでした
ありったけの金と業を詰め込んでなおタバルタスは起動せず
前イメンマハ領主の亡骸と魂を組み込んでようやく
自意識のない強化ゴーレムとして起動にありついた始末です

ですから、ポウォールの秘術の中での金は
自我や力の増幅のように、何かを増やすという風には使われないのではないかと思うのです
じゃあ何に使われるかって話ですが
魂や情報を伝える神経のようにして使われるのではないのでしょうか

マルコフの故郷でも金といえば展性に富んだやわらかい金属で、
メッキやコーティングに使われます
導電性が高く反応性が乏しくて、錆や腐食で劣化しない
それ以外の世界でも、金という奴は一貫して劣化と無縁のところに身をおいている気がします
これはエリンでも適用されるんじゃないかと思うんですよお
エリンの通貨は金貨です
使い方が同じ、またエリンの人間住民の金に対する認識が
マルコフの故郷での金の認識と合致するところが多いですから
最低限の性質は我々の知るところの金と差がないのではないかと考えまして
つまりエリンでは、金は魔力や呪文をまるで電気のように伝道させるのではないかと
マルコフは推測するわけです

グラスギブネンの場合はどうなるのかといえば
…どうなるんでしょうね?

出来上がった骨格に塗料を塗り召喚魔法を唱えると、異界より邪悪な魂が現れ、肉体の組織が生成する。組織が完全に再生するまでは、継続的にマナを供給する必要がある。長時間マナを安定して供給するのは、普通の魔道士では困難な事である。
しかし、マナの供給が成功した場合、グラスギブネンはゆっくりと成長し、召喚した者の意志に従う様になる。そして召喚後に解放された暗黒のマナは、一瞬で空を黒い光で染める

召喚後のグラスギブネンは、マナ以外にも莫大な量のエネルギーが必要となる。
それは即ち金である。召喚後に金を食べなければ、グラスギブネンは激しく暴れまわり、最終的に召喚前の状態に戻ってしまう。

(『破壊の化身、グラスギブネン』ミイアン)

うーん……
ヽ(`Д´)ノ…!

これを読むと成長に使われるのがマナで、
完成後の維持に使われるのが金ということなのでしょうか
いや、
召喚後のグラスギブネンは、マナ以外にも莫大な量のエネルギーが必要となる。
ですから、マナも継続して必要になるんですね
それでも足りないかあるいは別方向のエネルギーが要るのか
金がエネルギーになるとなるとタバルタスの話に戻らないといけない
はじめにこっちから攻めればよかった…!おんなじ魔法生物でしょうが…!!

あ、本題とは関係無いんですけど、金のイオンは非常に強い毒性を発するそうです
金箔にして食べても大丈夫なほど安定した金属なのに、
ちょっと手を加えただけで真逆の毒々しさを表に出してくる
なんだか、すごくソレっぽいですよね。うん。
ライトノベル的な意味で




即物的な考え方になりますが、金の原子を崩壊させてそのエネルギーを得る、
というのも、ないわけじゃない
しかし、重いだけの原子なら鉛や水銀がありますし、金より安価です
金鉱オンラインを強行する必要はないんです
でもポウォールはそれらを使わず、なにかと金にこだわります
となるとやっぱり、金にしか与えられていないエリンの概念属性があるはず
そういう概念属性を基に錬金術が行われるわけですし

じゃあ何故、タバルタスは起動しなかった?
ただの岩の塊でできたゴーレムは呪符で動くのだから
タバルタスだって抜け殻同然でも魔符を貼り付ければ動いていいはずです
動かないということはゴーレムにはないなにかの要素があるということ
その要素が金だとしたら……

ゴーレム練成スキルについて考えて見ましょう
石の内部構造を変化させてゴーレムを作り出すのがゴーレム練成の簡単な説明
まず入れ物ありきなんです

練成されたゴーレムを使役者が呼び出すとき、
マナを消費することで結晶からゴーレムを展開させます
クリィンストーンで作られた小さな人形が、マナの力で成長し動き出す
もしかしなくてもグラスギブネンと同じ仕組みですよ
規定の状態に成長するまでマナを吸収し、
完成したらマナと金の供給が続く限り稼動する意思無きグラスギブネン
主人から提供されたマナで巨大化し操られるゴーレム
有機物か無機物か、凶悪性などの差異はありますが、根底には同じものが流れている
グラスギブネンのほうが放射性毒素のあるフレッシュ・ゴーレムとも考えられます

タバルタスには頭部があります
これは通常のゴーレムには無い特徴で、
タバルタスが一見ゴーレムに見えない原因でもあります
自分は金を摂取するための口があるのだろうと思っていましたが、思い違いでした
口のような意匠はありますが、タバルタスには開閉するタイプの口はありません
原初のゴーレムといえど金の摂取は簡単ではなさそうです

だから体を金で作られたのではないか?

ゴーレムもギブネンも体が完成してしまえば術者からのマナの供給はいらないんです
いらないどころか自ら暗黒のマナを生産して当たりに撒き散らしさえする
練成スキルでも、操作時に術者に負担がかかることはありません
つまり体の維持にはマナではなく金が使われているのではなかろうか

錬金術で練成されるゴーレム4種類
どれも金が用いられていません
最高でホワイトゴーレムの銀どまりです
動力が積まれていないから、練成されたゴーレムに制限時間ができてしまうのかも

タバルタスは秘術を守り通すために建造されましたから、
長期間動力が続かないと目的を果たせません
そのためにボディ自体を電池にしたのではないだろうか
だって、ゴーレムが作られたのは第二次モイトゥラのときですから、ほんの十数年前
それに比べて、言い伝えになるほどの古代からタバルタスは健在
これはゴーレムと一線を画す超性能と言っていいでしょう

あのネクロマンサーが再現できなかったのはいわゆる動力
金をエネルギーにかえる方法を知らなかったのではないでしょうか
だから絶えず「変化」する人間を触媒として使ったと言うのなら、
半分ぐらい納得できますね

よし!書きたいことは大体書き終わった
もうこの時点で疲れました
色々破綻していて推敲する必要がありますけど個人のブログだしね!
長すぎて読む人もいないはず




いつのまにかゴーレム祭
まて!もう仕事がないってレベルじゃない!
爆破されたので治療のために座っていると、茉璃さんが
「これでも巻き込まないように頑張ってるんだけどなあ」と落ち込まれた様子でした
気を使ってくださってたんですね




途中、妙に白く輝くスケルトンが現れる
テクスチャの問題?
しかし茉璃さんのゴーレムに背後から殴り倒される末路です
一矢報いたかったろうにかわいそうに




リミットオーバーでフォレストゴーレムが土に還りました
自分で言っておいてなんだけど祖国の土ってどこだろうか
さて、フフフようやく自分の出番ですね




そんなことはなかった




ボスルームに到着。
あのスケルトンっぽい蜘蛛って時々すごく邪魔ですよね
自分は狙われて狸寝入りのまま動けず、
さしものゴーレムも戦線を維持できずに祖国の土に還る
すわここまでか!と思われたとき遠くから一条の光が
!?
誰だ!…ってアッー!
Lnoaさんだこれー!また良いところもって行きおった!
サキュバスが視界の外へ吹き飛んでいきました
あれ絶対黒焦げになってますよね
せんべいみたいなにおいが立ち込めてそうです

と言うわけで終わってみるとろくに働けずw
あまり良い結果は出せませんでした
まるで成長していない

いや、プラスに考えよう
マルロの人たちが遥か遠いところを歩いているってだけですね
頑張ろう

マルコフは紅奈衣さんにお呼ばれしていたのでここでお別れに
二人は他の人を誘ってエリンを見てまわりに行くそうです
皆さんお忙しいですから、また暫くはあえないでしょうねー
というか璃音さんにあい損ねてしまった
まだ覚えていてくださるのか?いや、流石に忘れていますよね

BGMがエースコンバットだから余計に感傷が……
またいつか、エリンのどこか出会えたときは、一緒に遊びましょう


すいません、考察のところで力を使いすぎました
そういう締めで、今日は終わり




立ち止まるもの、流れ行くもの
-- 12 34 5
67 89 1011 12
1314 1516 1718 19
2021 2223 2425 26
2728 2930 31- -
リンクフリー
しかし貼り返すやも知れぬ
もしリンクしたときは教えてくれると
とても嬉しいです
  • mabinogi wiki
  • RSS
  • mabinogi
マビノギイベントカレンダー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。